お住まいの部屋の一部で、無線LAN (Wi-Fi)の電波が届きにくい、インターネットで調べ物をしようとしてもページが開くのが遅い、頻繁に接続が途切れる。また、在宅勤務・テレワーク中のテレビ会議、Web会議中に参加者の画面が止まるなどで仕事に支障をきたす経験をされた方はいらっしゃいませんか?
よく聞く自宅のインターネットが遅い、つながらない原因は、多くの場合、ご自身で解決できる内容がほとんどです。今回のケースであれば、 無線LAN中継機 を導入することで解決できるかもしれません。

無線LAN中継機 って?

無線LAN (Wi-Fi)は、どの部屋にいても、PCやスマートフォンなどをインターネットにつないで楽しめる便利なものですが、建物の構造や、家具、電化製品などのレイアウトや設置方法によっては、無線LAN (Wi-Fi)の電波が届きにくくなることがあります。
一部の部屋でだけ、ネットが遅い、途切れて繋がりにくいという状態の場合、無線LAN (Wi-Fi)の電波が届きにくい状況になっているのかもしれません。

こういった状態を改善してくれるのが、無線LAN中継機です。文字通り、無線LAN (Wi-Fi)の電波を中継してくれる機器で、無線LANアクセスポイントの親機から離れた場所にも電波を届け、繋がりやすくしてくれます。

動画が途切れる、繋がりにくいことはありませんか?

無線LAN (Wi-Fi)の電波は無線LANアクセスポイントの親機から、通常放射状に放出されています。電波は親機に近ければ近いほど強く、離れたり、間に遮蔽物をはさんだりすると弱くなります。材質によっては通り抜けたり、反射することにより回り込んだりしながら伝わっていきますが、繰り返すことで当然電波が弱くなっていきます。

マンションなどの場合、リビングダイニングに宅内ハブが設置されているため、無線LANアクセスポイントをそのまま設置することがあります。ここから一番離れており、遮蔽物もある寝室までは、間にある壁や扉が電波を弱めて、インターネットにつながりにくい・通信速度が遅いなどといった状況になっている場合があります。

中継機,無線LAN中継機,Wi-Fi中継機,テレワーク

この場合、無線LAN中継機を設置することで、今まで電波が届きにくかった場所にも届くようになり、インターネットにつながりにくい・通信速度が遅いという状況を改善できます。

無線LAN中継機 の設置場所は?

無線LAN中継機を設置する場所は、無線LANアクセスポイントの親機に近すぎても遠すぎても、効果がでません。
また、無線LAN中継機も、無線LANアクセスポイントと同様、電波の干渉を受けやすいもの、場所がありますので、注意が必要です。いくつかありますが、
棚の中、部屋の隅、周囲が囲まれた場所は避ける
・電子レンジなどの他の電化製品から離して設置する
・コンクリート壁、金属などの障害物を間に置かない
というのが、ポイントになってきます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
在宅勤務・テレワーク でネットが遅い? 自宅のWi-Fi環境は大丈夫?「無線LAN(Wi-Fi)見直し」

最適な設置場所はどう探す?

実はWi-Fiの電波を可視化できるツールがあります。
「Wi-Fiミレル」はI-O DATAが提供しているスマートフォン向けアプリで、周囲の電波状況を計測し、電波の混雑状況や無線LAN (Wi-Fi)の電波を可視化してくれます。

中継機,無線LAN中継機,Wi-Fi中継機,テレワーク
中継機,無線LAN中継機,Wi-Fi中継機,テレワーク
中継機,無線LAN中継機,Wi-Fi中継機,テレワーク

「Wi-Fiミレル」では場所ごとに電波強度を計測することで、自宅やオフィス全体のWi-Fiの電波強度を把握できる「ヒートマップ」を簡単に作成できます。これを使って、電波の弱い場所を探し、無線LAN中継機でカバーするように設置するということになります。

中継機,無線LAN中継機,Wi-Fi中継機,テレワーク

無線LAN中継機 にはどんなものがある?

無線LAN中継器には、本体についた電源プラグを「コンセントに直接差し込むもの」と「ケーブルで電源につなぐもの」の2種類がありますが、現在よく見かけるものは「コンセントに直接差し込むもの」の方です。

無線LAN中継機 の選び方

無線LAN中継機を選ぶ場合、親機の性能に近いものを選ぶのがおすすめです。
無線LAN (Wi-Fi)の電波の種類には規格があり、片方がその規格に対応していないと十分な性能を発揮できない事になってしまいます。また、無線LANアクセスポイントの親機よりも性能の低い無線LAN中継機は購入して設置しても、改善が見込めない場合もあります。
そのため、まずは無線LANアクセスポイントの親機の性能を確認しておきましょう。

他にも、有線LANポートが搭載されている無線LAN中継機もあり、有線でしか接続できない機器を無線化するという使い方もできます。ご自身のニーズに合わせて、選ぶことが大切です。

単純に無線LAN (Wi-Fi)の電波が届かない部屋があるということであれば、コンセントに直接差し込む無線LAN中継機を選ぶのが無難かもしれません。

中継機,無線LAN中継機,Wi-Fi中継機,テレワーク

無線LANアクセスポイントを中継機として使う

無線LAN中継機ではなく、無線LANルーターを無線LAN中継器として使用することもできます。無線LANルーターには「RTモード(ルーターモード)」と「APモード(アクセスポイントモード)」の2つのモードがあります。無線LANルーターを無線LAN中継器として使用したい場合は、APモードに切り替えて、ルーター機能をオフにすることで使用できます。

設定などをご自身でできる方向けの応用的な使い方ですね。

ケースで見る 無線LAN中継機 の使い方

テレワーク中に通信が切れる

この方はマンションにお住まいで、リビングに無線LANルーターを設置していました。
テレワークがはじまり、リビングから一番離れた部屋で仕事をしていたのですが、無線LAN (Wi-Fi)の電波が届かないことがあり、Web会議中に止まったり、音声が途切れたりということがあったようです。

そのため、無線LAN中継機を導入しました。設置場所はリビングと仕事をしている部屋のちょうど中間に廊下があり、廊下の足元コンセントに無線LAN中継機を設置するようにしました。
コンセントに直接差し込めるタイプを選択したため、目立たず、無線LAN (Wi-Fi)の電波が途切れることもなくなりました。

中継機,無線LAN中継機,Wi-Fi中継機,テレワーク,在宅勤務,ネットワーク, ネット遅い

無線LANにつながらず、データ通信量の制限を超えてしまった

この方もマンションにお住まいで、リビングに無線LANルーターを設置していました。
リビングから離れた寝室でスマートフォンを使って、寝る前に動画を見ることに使っていました。
ですが、寝室では自宅の無線LAN (Wi-Fi)につながりにくく、知らない間に携帯会社の電波に切り替わってしまっていたため、しらずしらずのうちに毎月のデータ通信量をオーバーしてしまっていることが悩みでした。

スマートフォンは無線LAN (Wi-Fi)の電波につながらない場合、自動的に携帯会社の電波に切り替わります。寝室では無線LAN (Wi-Fi)の電波が弱くて届かないため、このようなことになっていました。

こちらも、設置場所はリビングと寝室のちょうど中間に廊下があり、廊下の足元コンセントに無線LAN中継機を設置するようにしました。
コンセントに直接差し込めるタイプを選択したため、目立たず、無線LAN (Wi-Fi)の電波が途切れることもなくなりました。

中継機,無線LAN中継機,Wi-Fi中継機,テレワーク,在宅勤務,ネットワーク, ネット遅い

2階の部屋に電波を届けたい

この方は戸建てにお住まいで、1階のリビングに無線LANルーターを設置していました。
子供部屋が2階にあり、オンライン授業などでタブレット端末を使った授業があったのですが、無線LANルーターから離れていること、間に遮蔽物があることから、無線LAN (Wi-Fi)の電波が弱くて届きにくく、途中で通信が途切れたりすることもありました。

また、自室で無線LAN (Wi-Fi)につながるゲーム機で遊んでいる場合にも、途中で通信が途切れたりすることがあり、お子さんからの不満が上がっていました。

この場合、2階の廊下の足元コンセントに無線LAN中継機を設置するようにしました。
こちらもコンセントに直接差し込めるタイプを選択したため、目立たず、無線LAN (Wi-Fi)の電波が途切れることもなくなりました。

中継機,無線LAN中継機,Wi-Fi中継機,テレワーク,在宅勤務,ネットワーク, ネット遅い

まとめ

コロナ禍、緊急事態宣言下において、今までなかなか普及が進まなかった、在宅勤務・テレワークが急速に普及し始めています。これ自体はITに関わるものとして非常に歓迎する立場なのですが、使う側の知識や環境がなかなか整っていないというのも事実です。

在宅勤務・テレワークやおうち時間の過ごし方でインターネットは非常に重要な意味を持っており、その中でも意外に見落としがちな自宅のネットワーク環境の改善点についてご紹介いたしました。

他にも改善できるポイントは数多くあります。こちらも併せてご覧いただき、自宅のネットワーク環境の改善にお役立てください。

在宅勤務・テレワーク でネットが遅い? 自宅のWi-Fi環境は大丈夫?「インターネット回線から無線LAN(Wi-Fi)まで

在宅勤務・テレワーク でネットが遅い? 自宅のWi-Fi環境は大丈夫?「無線LAN(Wi-Fi)見直し」

IT業界に身を置くものとして、より皆様のITに対する知識が深まるよう、本サイト名である「Users Digital – テクノロジーをユーザの手に」の名の通り、ITに不慣れで、あまり意識せずに使用されている方にも向けた、身近なテクノロジーについての情報を発信して参ります。