eSIM という言葉を最近よく聞くようになってきており、楽天モバイルやIIJmioなど、格安スマホを売りにしている事業者から、eSIMを採用した通信プランが登場してきました。他にも、執筆時点ではY!mobileやLINEMO、povoでもeSIMを採用しています。また、スマートフォン本体でも最新のiPhoneシリーズやPixelシリーズなどは従来の物理的なSIMカードに加えて、eSIMも利用できるようになっています。さらに、楽天モバイルが発売しているRakuten MiniやRakuten BIGのように、eSIM専用のスマホも出始めています。eSIMとは一体何なのでしょうか?

今回は今さら聞けないスマートフォンの基礎知識として、eSIMについて、基礎知識とそのメリットなどについてご紹介します。

eSIM? そもそもSIMカードって?

SIMカードの「SIM」とは、「Subscriber Identification Module」の略で契約者を識別するためのモジュール(ICチップ)のことで、docomoやau、SoftBankなどといった通信キャリアが提供するネットワークに接続するための情報が格納されています。

携帯電話やスマートフォンは、御存知の通り、本体だけではモバイルネットワークの通信を利用できません。契約済みのSIMカードを本体に挿入し、電源を入れ、通信ができるようになるまでに以下のステップを踏みます。

1. 挿入されているSIMカードの情報を読み込む
2. SIMカードで通信できるネットワークを検索する
3. 通信できるネットワークが見つかったら接続許可を求める
4. ネットワークがSIMカードに記録された「カード個体番号(ICCID)」や
 「契約者携帯電話番号」などの情報を契約者のデータベースと照合する
5. 「正しいSIMカードである」と判断したら通信を許可する

また、SIMカードには種類があり、「標準」「micro (マイクロ)」「nano (ナノ)」の3つのサイズが有り、自身が利用する携帯電話、スマートフォンに合わせて選ぶ必要があります。現在市場に出回っているスマートフォンのほとんどはnanoSIMを採用しています。

eSIM
左から「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」

eSIM とは

eSIMとは「Embedded SIM」の略で、組み込み式のSIMカードのことです。通常スマートフォンなどのSIMカードは端末に挿入する必要がありますが、eSIMの場合、機器の基板上に“チップ”として実装されるものを指すことがほとんどです。

eSIM のメリット

一番のメリットは、eSIMでは、複数の通信会社を利用者が自由に切り替えて使うことができることです。もちろん、従来のSIMカードでも、デュアルSIM(DSDS, DSDV)スロットを利用する、SIMカード自体の差し替えを行うなどにより、通信サービスを切り替えられますが、eSIMの場合は、物理的制約に縛られることなく、ソフトウェア上で簡単に切り替えられるのがメリットとなります。

DSDS, DSDVについては別記事で紹介・解説いたします。

eSIM,スマートフォン,SIM,MVNO,格安SIM,格安スマホ
例えばこんな使い方(出典:IIJmio公式サイト)

また、MVNO(格安SIM)のオンライン契約やahamo、povo、LINEMOといったオンライン専用プランを契約された方はご存知かと思いますが、SIMカードは郵送などで送付されます。eSIMでの発行の場合、SIMカードの到着を待たずにプロファイルの読み込みを行うだけですので、すぐに使用する事ができます。

eSIM のデメリット

もちろん、良いことだらけではありません。
eSIMでは、ネットワークを経由してプロファイルをやり取りするため、情報流出の可能性はSIMカードよりも高くなると言われています。そのため、国内の大手通信キャリアは、eSIMの導入を今まで見送っていた、とも言われています。

また、eSIMの再発行に手数料が必要となるケースがあります。さらに使用開始時にはプロファイルをダウンロードする必要があるため、インターネットにつながるWi-Fi環境などが必要です。インターネットへの接続環境が、スマートフォンのみという場合には、この時点で移行が非常に困難になります。

他にも、大手キャリアで購入した端末であった場合、eSIMを利用するためにSIMロック解除が必要となります。
SIMロック解除については別記事で紹介・解説いたします。

どんな使い方があるの?

筆者の利用方法なのですが、仕事用のスマートフォンはiPhone SE (第2世代)を使用しています。この端末はeSIM対応の端末です。利用している通信会社は楽天モバイルをeSIMで音声通話の回線に、BIGLOBE モバイルをnanoSIMでデータ通信の回線として使用しています。

これは、楽天モバイルの1回線目はデータ通信量が1GB未満であれば、月額0円、Rakuten Linkを利用した電話は通話料無料となっているため、音声通話は楽天モバイルを、データ通信はBIGLOBEモバイルで3GB未満であれば割引等を含めて、月額700円で運用できるため、非常に低額で通話し放題の携帯電話が用意できるというメリットがあります。

他にも、海外旅行の際に利用するケースがあります。
キャリアの海外ローミングを使用するという方法もありますが、非常に高額になってしまうため、旅行慣れされている方だと、渡航先の国で使用できるSIMカードを用意するという方法があります。この場合、プリペイド型のSIMを利用することが多いのですが、eSIMであれば、読み込みを行うだけですので、SIMカードの入れ替えなどの手間がありません。こういった背景から、海外用の格安WiFiルーターレンタルサービスなどでも、eSIMの提供が始まっています。

eSIM の対応状況は?

eSIMのメリット・デメリットは理解できました。
しかし、利用できなければ意味がありません。国内ではどの程度の通信キャリアで取り扱いがあるのでしょうか、また、対応しているスマートフォンはどの程度あるのか、ご紹介します。

eSIM対応の通信キャリア

国内の通信キャリアでeSIMを提供しているのはまだ多くありません。
以下に本記事執筆時点での国内で新規受付を行っている各社のeSIMサービスを表にまとめてみました。いずれの料金も、従量制の音声通話・SMS送信料、キャンペーンや割引、オプションなどを含まない基本料金で税込みの表示となっています。また、IIJmioのeSIMは、データ通信専用プランで、音声通話・SMSは利用できないことに注意してください。

通信事業者プラン名月額料金通信容量
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT VI0円~3,278円無制限
IIJmioデータプラン ゼロ(eSIM)165円0GB
Y!mobileシンプルS2,178円3GB
シンプルM3,278円15GB
シンプルL4,158円25GB
KDDIpovo2,970円20GB
LINEMOスマホプラン2,728円20GB
2021年5月時点

eSIM対応のスマートフォン

eSIM対応のスマートフォンは、まだ多くはないものの、いくつか選択肢はあります。
本記事執筆時点での国内で取り扱いのある、主要なスマートフォンをご紹介します。
SIMフリー端末で、グローバルモデルで対応しているものもありますが、日本向け端末のみご紹介させていただきます。
上記でご紹介させていただいたプランに対応することを保証するものではありません。
ご利用の際には、各キャリアにより、端末自体の周波数帯(バンド)が異なることもありますので、ご注意ください。

HUAWEI P40 Pro 5G (HUAWAY)

eSIM,スマートフォン,SIM,MVNO,格安SIM,格安スマホ

HUAWEI製のハイエンドスマートフォンです。
nanoSIM ×2 + eSIM に対応しており、SIMカード2枚での運用もnanoSIM + eSIM での運用も可能です。キャリアでの販売はされておらず、SIMフリー端末として販売されています。

iPhone シリーズ (Apple)

eSIM,スマートフォン,SIM,MVNO,格安SIM,格安スマホ

使われている方も多いでしょう。Apple 社のiPhoneシリーズです。
nanoSIM ×1 + eSIM に対応しています。すべてのiPhoneシリーズがeSIMに対応しているわけではないことに注意です。eSIMには、iPhone 12 シリーズ (12, 12 mini, 12 Pro, 12 Pro Max)、iPhone 11 シリーズ (11, 11 Pro, 11 Pro Max)、iPhone X シリーズ (XR, XS, XS Max)とiPhone SE (第2世代) が対応しています。
キャリアで購入した場合、eSIMを使用する際には、SIMロック解除が必要であることに注意してください。

Google Pixel シリーズ (Google)

eSIM,スマートフォン,SIM,MVNO,格安SIM,格安スマホ

Googleが販売しているスマートフォンです。近年SoftBank、auなどのキャリアでも取り扱いが始まっています。nanoSIM ×1 + eSIM に対応しています。
こちらもすべてのPixelシリーズがeSIMに対応しているわけではないことに注意です。eSIMには、Google Pixel 5, Google Pixel 4シリーズ (4, 4 XL, 4a, 4a (5G)) が対応しています。
キャリアで購入した場合、eSIMを使用する際には、SIMロック解除が必要であることに注意してください。

AQUOS sense4 lite (SHARP)

eSIM,スマートフォン,SIM,MVNO,格安SIM,格安スマホ

シャープ製のスマートフォンで、ミドルレンジに分類されるスマートフォンです。
キャリアでは、楽天モバイルが販売しており、SIMフリーでの販売となっています。
こちらも、nanoSIM ×1 + eSIM に対応しています。

OPPO A73 (オウガ・ジャパン)

eSIM,スマートフォン,SIM,MVNO,格安SIM,格安スマホ

オウガ・ジャパン製スマートフォンで、ミドルレンジに分類されるスマートフォンです。
キャリアでは、楽天モバイルが販売しており、MVNOではイオンモバイルや、OCN モバイル ONEなどが取り扱っていて、SIMフリーでの販売となっています。
こちらも、nanoSIM ×1 + eSIM に対応しています。

razr 5G (MOTOROLA)

eSIM,スマートフォン,SIM,MVNO,格安SIM,格安スマホ

MOTOROLA製のスマートフォンで、ハイエンドに分類されるスマートフォンです。
最近少しずつ販売され始めた、フォルダブルスマートフォンと呼ばれる、折りたたみが可能な機種となっています。
キャリアでは、SoftBankが販売していますが、eSIMには対応していないため、SIMフリーでの販売のみeSIMに対応しています。こちらも、nanoSIM ×1 + eSIM に対応しています。

Rakutenオリジナル

eSIM,スマートフォン,SIM,MVNO,格安SIM,格安スマホ

楽天モバイルが販売するオリジナルのシリーズです。Rakuten BIGs, Rakuten BIG, Rakuten Hand, Rakuten Miniなどがあります。大きな特徴としては、eSIMのみの対応となっており、通常のSIMカードは使用できない点となります。

まとめ

身近なデジタル機器、ITにふれる入り口として、スマートフォンについて、今さら聞けないスマートフォンの基礎知識としてとりあげてみました。

コロナ禍において、各大手通信キャリアのショップは完全予約制となり、手続きはオンライン上の手続きに移行しています。新規の契約についてもショップの対面で…ではなくオンライン上での契約を推奨する動きもあるようです。確かに、感染のリスクや、対応の手間を考えた際にリスクも軽減されますし、効率的です。それはahamo, povo, LINEMOといったオンライン専用プランのような利用料金に反映されてきます。

スマートフォンは、生活にも、仕事にも欠かせないデジタルデバイスとなっており、テレワークでも2要素認証に使用したり、ZoomやGoogle Meetを始めとしたWeb会議でも使用したりと、利用する場面も広がっているため、上手に利活用するためには少し工夫が必要なのも事実かと思います。

なお、MVNOやeSIMを用いたスマートフォンの利用において、端末の破損が気になる方はこちらの記事も合わせてご確認ください。

スマホ落下で画面割れ まるごとマモル 使ってみた

「 スマホ 壊して! 」の衝撃営業から考える スマートフォン の 補償

IT業界に身を置くものとして、より皆様のITに対する知識が深まるよう、本サイト名である「Users Digital – テクノロジーをユーザの手に」の名の通り、ITに不慣れで、あまり意識せずに使用されている方にも向けた、身近なテクノロジーについての情報を発信して参ります。