はじめに

皆さんはご自身でホームページを作ろうとした経験をお持ちでしょうか。一昔前でしたら、ホームページ制作のためには、レンタルサーバを借りたり、ネットワークの設定をしたり、HTMLやCSSの勉強から始める必要があり、相当大変な作業でした。しかし、クラウドサービスが充実している昨今では、手軽にホームページが作れるサービスがたくさんあります。今回はその中でもGoogle Workspaceに統合されており、誰でも使えるようになった Googleサイト というツールについてご紹介します。

前述の通り、クラウドサービスが充実している今では、サーバやネットワークといった土台部分の準備を必要とせず、作りたいと思ったら、すぐに公開可能なホームページが作れるソリューションがクラウドサービスとして提供されています。

中でも、今回ご紹介するGoogleサイトは、Googleのアカウントさえあれば、だれでも無料で使えるツールとなっており、いくつかのテンプレートから以下のようなホームページを手軽に制作することが可能です。

Googleサイト
テンプレート:年末パーティーのご案内(タブレットビュー)

Googleサイトは簡単なWebページを短時間で直感操作によって作ることに長けており、社内ポータルサイトや、組織、コミュニティーなど限られた範囲に公開するWebページの制作に向いています。

それでは実際の作り方から見てみましょう。

Googleサイト を使ったWebサイトの作り方

Googleサイトの開始方法からご説明します。Googleのトップページから右上のアプリケーション一覧をクリックし、サイトをクリックします。

Googleサイト

サイトのトップページが開きます。画面上部の「新しいサイトを作成」からホームページを作り始める他、テンプレートギャラリーから好みのテンプレートを選んで作り始めることもできます。

Googleサイト

一度作り始めたサイトは自動的にGoogleドライブにバックアップされるため、途中で中断しても「最近使用したサイト」あるいは、Googleドライブから編集を再開することができます。

まずはテンプレートギャラリーから、自分が制作したいホームページのイメージに近いテンプレートを選んでみましょう。

Googleサイト

ここでは例としてテンプレート「プロジェクト」を選んでみました。画面左側が実際に表示されるWebページ、画面右側が「挿入」「ページ」「テーマ」の機能で構成されるパレットになります。

「挿入」機能では、ドラッグアンドドロップで特定のオブジェクトを直感的にWebページに配置することができます。その他、レイアウトの変更、折りたたみテキスト・目次・Google Workspaceの他のアプリケーションの埋め込みなどなど、異なる機能を持ったセクションをWebページに追加することが可能です。

「ページ」機能はWebページの構成を変更することができます。

「テーマ」はWebページのフォントセットやレイアウト、配色等のテンプレートとなっており、Webページのデザインを一括で変更してくれるため、この機能でWebページの雰囲気を決定すると良いでしょう。

 編集したら「プレビュー」機能を使って、ホームページがユーザーからどのように見えるか確認しましょう。画面上部のプレビューをクリックしてください。

Googleサイト

下の画像のように編集画面がプレビュー画面へと切り替わります。これがページを公開した際のユーザーからの見え方になります。

Googleサイト

作成したWebページ自体はレスポンシブデザインと言うのに対応しているため、スマートフォンにも最適化されていますが、サイトの編集やプレビューの確認はスマートフォンではできないのでご注意ください。
右下の×ボタンをクリックすることで、再度編集画面に戻ることができます。

編集が完了し公開準備が整ったら、編集画面右上の「公開」ボタンを押し、外部からアクセス可能な状態にしましょう。

Googleサイト

ここでは、公開するサイトのウェブアドレスを入力し、閲覧可能なユーザーの設定が可能です。こちらについては後述します。公開ボタンをクリックすることで、指定のアドレスでWebサイトがアクセス可能になります。

Googleサイト を使ったWebサイトの公開方法、セキュリティは大丈夫?

さて、ここまでで簡単にWebサイトを作る手順を把握していただけたと思います。ただ、気になる点も出てきたのではないでしょうか。Googleサイトで公開したWebページのセキュリティ問題です。

公開ボタンを押した時点でインターネット上のあらゆる人がアクセスできるようになっており、悪意のある人物に攻撃されないか、という疑問もあることでしょう。この点については公開範囲の設定によって対応可能です。

Googleサイト

リンクの設定欄をクリックすると、公開する範囲を設定することができます。この設定によって、特定の人物や組織、社内のみなど、公開範囲絞り込むことが可能です。

Googleサイト

また、Googleサイトの編集データについては他のGoogle Workspaceのアプリケーション同様、Googleドライブの管理下にあるため、自前でサーバを立てたり、データの保存領域を設けたりする手間が省けるのはもちろん、セキュリティ面でも、公開範囲を限定するなど、簡単な設定で実施できる大きなメリットがあります。

ただ、読者の皆様には言うまでもないと思いますが、Webサイト上に個人情報やパスワード等を記載することはお控えください。基本的なインターネットリテラシーを守る心がけも大切です。

従来の Googleサイト との違い

今回ご紹介したGoogleサイトは、2020年8月よりリリースされた新Googleサイトに準拠しております。それまでサービス提供されていた旧Googleサイトは2021年9月にサービス終了予定で、2021年5月時点で、旧GoogleサイトでWebページを作成・編集したりすることはできなくなっております。

従って、従来の旧Googleサイトで作成されていたWebページなどは、新Googleサイトで管理しなければならなくなり、移行を余儀なくされる方々も多いのではないでしょうか。

サービス終了時点で旧Googleサイト管理下のWebサイトは公開できなくなりますのでご注意下さい。移行に関する詳細なスケジュールと移行方法に関しては公式サイトで案内されていますので、移行が必要な方は以下の公式サイトをご参照ください。
従来の Google サイトを新しい Google サイトに変換する

新Googleサイトでは旧Googleサイトと比較してサービスの内容が刷新されており、新しくできるようになったことと、できなくなったことがあります。公式サイトでも案内されていますが、一部を抜粋して記載しております。

デザインと編集新しいGoogleサイト従来のGoogleサイト
ユーザビリティ: シンプルで直感的なインターフェースを使ってサイトを作成、管理する×
下書きと公開: サイトの下書きと公開済みバージョンを確認する×
変更の確認: 公開する前に編集内容をプレビューする×
最新のサイトタイル: 画像カルーセル、プレースホルダ、ボタン、折りたたみ可能なテキストなどを使用する×
Cloud Search: サイトに Cloud Search の検索ボックスを追加する×
サイトの情報アイコン: サイトオーナーへの問い合わせフォームを追加して、サイトの最終更新日を表示する×
テンプレート: サイトの目的に合わせて最適化されたテンプレートを選択する
テーマ: さまざまな色やフォントを使用してデザインされたテーマから選択する
カスタム デザイン: ブランドに合わせて、色やフォントなどの視覚要素を変更する開発中
モバイル対応: パソコン、スマートフォン、タブレットに最適なレイアウトになるようサイトを調整する×
ロゴ: サイトにロゴを追加する
ページのコピー: 既存のページをコピーして新しいページを作成する
サイトのコピー: 既存のサイトをコピーして新しいサイトを作成する
サブページの追加: 任意のページの下位に複数のサブページを追加するサブページは 5 レベルまで無制限
Google公式サイトより
管理者向け機能新しいGoogleサイト従来のGoogleサイト
サイトの制御: ドメインでサイトを有効または無効にする
編集権限と作成権限: ドメイン内でユーザーのサイト編集 / 作成権限を管理する
管理設定: サイトやテンプレートなどの設定を共有するユーザーを管理する。新しい Google サイトの一部の設定は、組織のドライブの設定に基づきます。
ドライブ: サイトはドライブに保存されるが、保存容量にはカウントされない×
Drive API: プログラムを使用してサイトにアクセスする。新しいサイトの作成とファイル単位の操作(権限の管理や既存サイトのコピーなど)を行えます。×
Sites API: アプリに Google サイト内のコンテンツを変更する許可を与える開発中
Vault: データの保持、記録保持(リティゲーション ホールド)、検索、書き出しを行い、組織のデータ保持と電子情報開示のニーズに対応する×
Google公式サイトより

比較内容の詳細は、以下の公式サイトも合わせてご確認ください。
新しい Google サイトと従来の Google サイトの比較

おわりに

いかがでしたか。今回の記事でGoogleサイトを使って簡単にWebサイトを作り公開する方法について紹介させて頂きました。

用意されているツール(Webエディタ)の使い方は直感的で、デザインなどもワンクリックで変更することができる一方で、レイアウトの自由度に限りがあるという、メリット・デメリットが意外とはっきりしている一面もありますが、スマートフォン用の画面を作りこまなくても最初からレスポンシブデザインに対応している。Googleアカウントさえあれば誰でも使える。という手軽さは非常に大きい強みと言えるのではないでしょうか。

非対面が優先されるこの時代において、チャットやその他ツールよりも、永続的に且つ階層分けした情報を特定の人たちと共有する手段としても活用できるので、覚えておくと便利なGoogle Workspaceのツールの一つと言えるでしょう。

ご自身の組織やコミュニティーでも活用をご検討してみてはいかがでしょうか。