日本の携帯電話料金は世界の主要都市と比べても高額で、家計を圧迫する1つの要因となっている。との言葉から政府は大手携帯会社に料金の値下げを要請し、ahamo, povo, LINEMOのようなプランが生まれました。
ですが、もともと MVNO ( 格安SIM )と呼ばれる携帯電話会社があることはご存知でしょうか?
総務省も、「携帯電話ポータルサイト」を通じて、自分にあった料金プランや携帯会社を選択できるよう、情報発信を行っています。 そのなかでも大手キャリアの提供する大容量プランについて、契約者数と実態を示すことにより、低用量の格安SIMを利用するよう促す動きもあります。

今や、生活にも仕事にも欠かせないスマートフォン、今回は今さら聞けないスマートフォンの基礎知識として、今回は 格安SIM について、基礎知識としくみなどについてご紹介します。

格安SIM とは?

「格安スマホ」「格安SIM」とは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの大手携帯会社から「ネットワークを借りて」携帯電話サービスを提供するMVNO(Mobile Virtual Network Operator : 仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者のサービスを指します。大手携帯会社と比較して注意すべき点もありますが、一般的に利用料金が安いといったメリットがあります。
代表的な事業者としては以下のようなものがあります。

MVNOについては「知らないと絶対損をする MVNOとは? 格安SIMとは?」で紹介・解説しています。

格安SIM の料金が安い理由

docomo, au, SoftBankといった大手キャリアの場合、段階性などプランの種類はありますが、端末本体の分割代金を含まずに毎月3,000円~6,000円以上といったプランが主流となっています。それに対して、格安SIMでは毎月1,000円未満で電話とインターネット両方が利用できるプランもあります。
両者の提供する毎月のデータ量とターゲットとする利用者の違いもありますが、なぜこんなにも料金に差が出るのでしょうか?それは、いくつか理由があります。

莫大な設備投資をしていない

MNOの大手キャリアは携帯電話による通信サービスを提供するために、基地局などのネットワーク通信設備に莫大な投資を行ってきました。そのため、莫大なコストがかかっています。

それに対して、格安SIMを提供しているMVNO事業者は大手キャリアの通信回線や設備をレンタルして使用しているため、莫大な設備投資をすることなく利用できます。
このためサービスを提供するために必要なコストが少なく、そのコストの差が利用料金という形で現れています。

店舗を持っていない

大手キャリアはドコモショップなどキャリアのショップを運営しています。
正確には大手キャリアと契約を結んだ代理店が運営しているのですが、このキャリアショップを運営していくためのコストが必要になります。詳しくは別の機会でご紹介出来ればと考えていますが、この代理店をはじめとした、業界の構造的な問題が利用料金を高くしている原因でもあります。

一部例外はありますが、格安SIMを提供するMVNO事業者は店舗を構えておらず、主にオンラインによるWeb上からの申込みのため、大手キャリアに比べて大きくコストを削減することができるのです。

こういった、回線や設備をレンタルしていること、実店舗を持たないことにより、大幅なコスト削減が可能で、利用料金を大手キャリアより安い価格で提供できています。

格安SIM の料金が安い理由

では、格安SIMを利用するメリットはどこにあるのでしょうか、また、料金が大手キャリアより大幅に安いにもかかわらず、皆が利用していないということはなにか理由があるはずです。

格安SIM のメリット

格安SIMには大手キャリアにはない様々なメリットが存在しています。大きくは3つあります。

利用料金が安い

格安SIMと呼ばれるだけあって、毎月の利用料金が大手キャリアに比べて安いプランが揃っています。大手キャリアのSIMから格安SIMに乗り換えるだけで、3,000円以上毎月の利用料金が節約できるというケースも珍しくありません。

筆者もはじめて大手キャリアから格安SIMに乗り換えた際には、月額5,000円程度節約できました。

低容量から利用でき、料金プランが比較的シンプル

現在はいくらかマシになったものの、大手キャリアのプランは月々980円~と打ち出しておきつつも、その割引の条件は複雑で、契約すると結局高くなってしまうというケースがほとんどです。

2020年12月9日、KDDIでは「au新サービス発表会」を実施し、前の週にNTTドコモが発表した「ahamo」の対抗プランが発表されるものと見込まれていました。ですが、発表された新プランは、データ使い放題のプランに月額500円の「Amazonプライム」がついてくるというものでしかありませんでした。さらには、料金を月額3,760円からとアピールしたにもかかわらず、実際は9,350円のプランでした。このときネット上では「#さよならau」のハッシュタグで大炎上とバッシングが巻き起こったのは記憶に新しい話です。
その後も、KDDIが新料金プラン「povo」を2021年1月15日の会見で発表した際に、当時の武田総務大臣は割引の条件を明らかにせずプランを提示したために「非常に紛らわしい発表だった」と発言しました。

格安SIMではこういった紛らわしい表示や、割引条件などもなく、1~3プランのみ、データ容量も低用量から利用できると言った、メリットがあります。

手続きがオンラインで完結する

コロナ禍で外出がはばかられる昨今、非常にありがたい話です。
申し込みや料金プランの変更、解約手続きまでオンラインで完結します。
大手キャリアでもオンラインショップでの契約がありますが、SIMのみの契約はつい最近までできませんでした。また、オンラインでの解約もやっと対応し始めたところです。

格安SIMの場合、大手キャリアのようにキャリアショップで長い時間待たされ、料金プランの変更をするという必要はなく、オンラインで申し込みを行い、後はSIMが届くのを待つだけということになります。

格安SIM のデメリット

格安SIMはメリットばかりではありません。当然デメリットもあります。

  • 混雑時は通信速度が遅くなる
  • LINEのID検索ができない (年齢認証ができない)
  • 支払い方法がクレジットカードのみ
  • キャリアメールが使えない
  • 使える端末を自身で調べる必要がある
  • 店舗によるサポートがない
  • 初期設定を自分でする必要がある

すべてを紹介しきれませんので、ポイントのみご説明します。

混雑時は通信速度が遅くなる

格安SIMの弱点です。回線を大手キャリアからレンタルしているため、利用できる帯域には制限があります。そのため、8時台、12時台、19~20時台などのネットワークがよく利用される時間帯には通信速度が非常に遅くなります。

使える端末を自身で調べる必要がある

各格安SIMで動作確認済み端末が発表されていますが、全てを網羅しているわけではありません。また、各キャリアにより、大手キャリアで購入した端末を使用する場合、端末自体の周波数帯(バンド)が異なることもありますので、同じ機種でも購入元キャリアにより注意が必要です。

他にもSIMの形状や、SIMロック解除が必要など、条件がある場合があります。

初期設定を自分でする必要がある

先程の、SIMロック解除もこれに含まれるのですが、APN設定と呼ばれるMVNO事業者が提供するネットワークへの接続設定が必要になります。大手キャリアの場合は、自動的に設定されますので、意識する必要がありません。慣れている方ならば、難しい設定でもないのですが、不慣れな方ですと少々やっかいな設定かもしれません。

格安SIM のこれから

2010年代初頭にSIMカードの単体販売が始まりました。これはNTTドコモの回線を利用するもので、いくつかの事業者が参入することで、現在では格安SIMと呼ばれるサービスがスタートしました。ですが、SIMフリー端末はごく少数であったことや、SIMロック解除の問題、端末の購入と回線契約をセットで行い割引を受ける方式が主流だったことから、格安SIMが注目されることはありませんでした。筆者も家電量販店でb-mobileのパッケージを見たものの、「なんだこれ?」と思ったのを覚えています。

2010年代中盤に入るとこの状況が変化します。iPhoneを筆頭にSIMフリー端末が増加し、SIMロック解除の義務化が開始、NTTドコモ以外にもKDDIやソフトバンクの回線を利用したMVNOが開始し、格安SIMの注目度が高まりました。その結果、利用者の増加とともに多数の事業者が参入することでシェア争いが勃発。それぞれ独自のサービスで差別化を図るようになりました。

2010年代終盤には、業界再編の動きが起こります。MVNOにおいては、事業を他社に売却する事例や、MNOの傘下に入る事例が発生します。一方で、MNOにおいては、楽天モバイルがMNOに参入し、三大キャリアによる寡占状態に一石を投じます。また、菅官房長官(当時)の「4割値下げ」発言に端を発して、端末代金と通信料金を分ける分離プランの義務化、2020年には三大キャリアがオンライン申し込み専用などこれまでとは異なる独自の料金プランを発表します。これらは格安SIMの大きな武器である「料金の安さ」に切り込むものとなっています。

格安SIMのアドバンテージであった価格というメリットが失われつつあるため、競争が激化し、動画サービスや、ゲームの通信量をカウントフリーとする独自プランを打ち出す会社も見られ、今後も大きな動きがでてくるでしょう。

メリット・デメリット含めて賢く利用することにより、大きな恩恵を受けることができますので、改めて格安SIMについてご紹介させていただきました。